スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

新歓予定

P7200105_201403312300066f1.jpg
2014年カヌークラブPV

我々カヌークラブはカヌーと呼ばれる一人用の船に乗り、全国各地の河川で川下りをする活動を行っています。
平日は大学の天久保池で、休日は東京の御岳という所で練習をして、長期休暇の際にはツアーと称して全国各地の河川へ繰り出します。

旅が好きな人、アウトドアが好きな人、馬鹿騒ぎが好きな人、自然が好きな人、刺激を求めている人、新しい事を始めてみたい人、もちろんカヌーが好きな人、その他色んな人を大募集です!!
初心者だって大丈夫!!
今いる現役の部員も皆大学から始めた人ばかりです。
部員全員が新しい仲間と会える事を楽しみにしています。
メールは下記より。どんな些細な質問でも構いません。連絡待ってます^ ^
以下新歓の予定です。

【食事会】
4/7,10,15,22,25
18:00頃に平砂共用棟で待ってます
タダ飯食えますよ!!

【試乗会】
平日は天久保池で18:00頃まで毎日やる予定
濡れてもいい格好できた方が良いかも
履物はサンダル推奨
休日は川での試乗会やります

食事会は他の日でも全然やるので気軽に連絡ください
友達を誘って是非!!

連絡先
tsukubacanoeclub@gmail.com
スポンサーサイト
2037-04-04(Sat)
 

新歓ツアー第一弾@長瀞

こんにちは。舜です。
季節も巡りまた今年も新歓の季節がやってまいりました。
まだ見ぬ新入部員に会えることを楽しみに部員一同日々頑張っております。

そんな訳で。

先週の日曜日に新1年生の森田君、あだ名はタモさん(西命名)を連れて長瀞に行ってまいりました。

長瀞は埼玉県の秩父地方を流れる荒川の別称(なのかな?)です。

今はちょうど桜が満開の行楽シーズン。天気にも恵まれた絶好のカヌー日和でした。

カヌーは初めてのタモさん。エディに食われたり瀬に返されたり岩に座礁したりと中々楽しそうでした。
ひっくり返っても座礁しても落ち着いて指示を待ってくれてこちらとしてもすごい助かりました。


お昼になんでも食べていいよと言ったのにお得ランチを選ぶような出来た子です。1年生は遠慮しなくていいんだよ?


新歓20140413_25

満足してもらえたかな?




宣伝
カヌークラブの活動ははこんな感じで休日にいろんな川に出かけて川下りをしてキャンプしたり観光したりして帰ってくるのがメインです。他に夏には滝落ちしたりダイビングしたり、冬にはスキーに行ったりとカヌーを筆頭にアウトドアを楽しんでます。もちろん競技をやりたいって人も大歓迎です。

平日は天久保池で試乗会をしてます。試乗会に来てくれた人はそのまま食事に行きましょう。
試乗会に来てくれた子は休日に川下りに連れていけます。
カヌーは知ってる人の少ないマイナー競技ですが、アウトドア好きな子には自信を持ってオススメできます。絶対絶対、楽しいですよ^^

前から興味を持ってた人や見てみて楽しそうと思った人、アウトドアが好きな人や新しいことを探してる人、その場のノリも大歓迎!
ちょっと試しにカヌーに乗ってみませんか?今まで見たことのない景色が見れますよ^^
連絡待ってます↓
tkbcanoeあっとgmail.com

2014-04-15(Tue)
 

追いコン

来る3月11日に追いコンをやりました。会場は一次会を綿羊で、二次会をにっしーさん宅をお借りさせて頂きました。にっしーさんありがとうございました。

今年の卒業生は渡さん、吉沼さん、郁枝さん、なたるさん、宮澤さんの5人。
吉沼さんは大学院へ、他の4人は就職で4月から筑波を離れることに。
カヌークラブ全員で集まれなかったのは残念でしたが、和気あいあいとした楽しい会になりました。
以下追いコンの様子です。

木曽長良20140311_03
ジンギスカン食べ放題スタート!
木曽長良20140311_06
在校生からの色紙と升のプレゼント。喜んでいただけたご様子。
色紙はトルテが、プレゼントは七味が担当してくれました。二人共ありがとうー。
木曽長良20140311_10
渡さんとにっしーさんへのサプライズ(のつもりだった)ケーキ。来年こそは・・・・。
木曽長良20140311_16
升で飲むコーラは一味違うとのこと。檜の香りが芳しいのだとか。
木曽長良20140312_23
仲良き二人。
木曽長良20140312_24
ご満悦のなたるさん。なたるさんがポーズとってくれてる写真って実はレア。色紙用に探したけど無かった。
木曽長良20140312_26
渡さんの背後に・・・・。
木曽長良20140312_28
毎度恒例渡さんVS郁枝さんの腕相撲。勝敗は?
木曽長良20140312_30
この後ろ姿を見れるのもあと数日。寂しくなります。
2014-03-15(Sat)
 

スキーツアー2014

P2180875.jpg
今年も行ってきましたスキーツアー。
世間は冬季オリンピックで盛り上がっておりますが、我々も一時川を離れ雪山へ!
今年は福島県猪苗代スキー場。
何年か前に始まった雪マジ福島により、現役生はリフト無料!
素晴らしいキャンペーンです。
雪マジを使うため平日のツアー、その結果OBさんは参加できず人数は少なくなってしまいました。
この辺りは難しいところですね。
今回のメンバーは、大ちゃん、七味、しゅん、カオス、渡、なたるの6人。
人数少ないし大人しいツアーになるかと思いきや、やはりスキーツアーはスキーツアーでしたw
初日夜にウィスキーに手を付けたのが全てもの始まり…。
大ちゃんはもうどこへ出しても恥ずかしくないくらい成長しました!

P2170004.jpg
P2170006.jpg
P2170009.jpg
P2180019.jpg
P2190026.jpg

最終日しゅんがインフルエンザ発覚などアクシデントもありましたが、楽しいツアーでした。
企画してくれた大ちゃんありがとう!
雪マジを積極的に利用してこれからもどんどん滑ろう!

もうすぐ卒業の渡より
2014-02-20(Thu)
 

朝練(((;゚Д゚)))ガクブル

あけましておめでとうございます

こんな寒い中カヌーに行って
財布の中もどんどん寒くなって
俺は一体、何してんねやろ
って疑問に思う季節ですが
皆さんはいかがおすごしでしょうか?

渡さんが就職が決まり卒業するということで後継者を育成すべく
11月から平日の3日間、朝7時〜1限が始まる前まで渡さんを講師に迎え
Dちゃん、恭子さん、さい、いくえさん(講師かも?)を生徒に朝練をしています

では内容を軽く振り返りたいと思います

【フォワード】
骨盤を立てる
クロールの動き
目線は高く
進みたい方向見る
キャッチを上手く
足で蹴る意識
刺したパドルに体が近づくイメージ
ストローク大きく
etc...

【スイープ・リバース(フラット)】
骨盤を立てる
重心はぶれない
パドルは大きく
肩だけにならない
腕の平行四辺形を崩さない
パドルの角度
腰をひねる
etc...


あと色々教えてもらいましたが
上と基本は同じはずなので割愛

基本をしっかり押さえて
スキルアップしていく予定です

以上さいでした
2014-01-08(Wed)
 

気づけば12月

卒論に疲れブログを更新。
気づけば12月です。
体専の卒論の提出は12月11日〜13日。
もう時間がありません。

昨日は内定式がありました。
なかなかに苦戦しましたがついに私も来年からは社会人になるようです。
社会人になるとカヌーをする時間がおそらく減るのでとても不安です。
そんなわけで卒論提出が迫る現在でも隙あらばカヌーをしてます。

来月からはもっとカヌーをすることになるでしょう。
最近は後輩の指導にも熱が入り、後輩たちを振り回しています。
残りの数ヶ月かで、今まで自分の感じてきたカヌーの楽しさを少しでも多く後輩たちに感じてもらいたいところです。

何か大学から新しく競技を始めて、少しでも勝てるようになりたい。
そんな想いから10年近く続けたテニスをやめ、カヌースプリントを始めました。
しかし、厳しいトレーニングに耐えられず、夏の終わりにはモチベーションががくんと下がってしまいました。
そんなときにYouTubeでたまたま目にしたのがカヌーフリースタイルでした。
カヌーが飛んだり回ったり、とにかくまっすぐ速く漕ぐことだけに頑張るスプリントとはまるで異なるカヌーを目の当たりにし、胸が躍ったのを覚えています。
思い切ってスプリントを辞め、スラローム部門の門を叩きホワイトウォーターの世界に足を踏み入れました。
初めて長瀞に連れて行ってもらい、そこでOBさんがたの生のフリースタイルを見て、ますます気持ちは高まりました。
さっそく大会にも出場し、ボートも車も手に入れ、練習にのめり込みました。
真冬の練習はとてもつらく、体調もしょっちゅう崩しながらも、夢中で練習に行っていました。
最初こそぐんぐんうまくなっていきましたが、すぐに壁にぶつかりなかなかうまくならない時期に突入しました。
一度スプリントで挫折していたので、ここで逃げ出すわけにはいかず、楽しくないながらも毎週練習をしていた気がします。
スプリントでしんどかったこともあり、スラロームは敬遠していました。しかし、うまくなるためにはスラロームも必要だということでスラロームの練習も始めたのが2年生の夏頃だったと思います。
御岳には自分以上にスラロームに打ち込んでいるやつがいっぱいいて、到底勝てはしないのに負けるとやっぱり悔しくて、スラロームの練習時間も増えていきました。学生大会では思っていた以上の成績が出せましたが、自分とその上の選手の差が大きくて、この差をなんとか縮めたいと思って練習しました。
そんな経緯でフリースタイルとスラローム、ダウンリバーなどいろんなことをやるようになりました。
うまくなれば去年まで行けなかった川に連れて行ってもらえるようになり、それが嬉しくて、また、行けないときは悔しくて次の機会までにうまくなろうと練習しました。レベルが高い川に初めて挑戦するときの興奮はカヌーを辞められない一番の理由だと思います。
スプリントを辞めて初めて下った長瀞もものすごく興奮しました。今でもあのときの興奮をまた味わいたくて難しい川、迫力のある川に行きたくなるんだと思います。
できなかったことができるようになる、行けなかったところに行けるようになる、大迫力の川に挑戦する、これが自分たちのやっているカヌーの魅力。
そして、この魅力を思いっきり堪能するためにはうまくならなければいけない。うまくなるためには練習が必要。練習の質を上げるためには明確な目標や課題が必要。目標や課題を持って取り組むためには大会に挑戦するのが一番。
これが私の考え方です。

先日は会長杯がありました。大ちゃんとサイがチャレンジしましたが、結果はなかなか悔しいものになったと思います。
楽しくなるためには、その前につまらない時期や苦しい時期があります。楽々うまくなっていく人はいません。それでもうまくなる前に辞めてしまったり、ここまででいいやって思ってしまうのはもったいない。
うまくなればどんどん楽しくなります。
まだまだ頑張ってもらいたいし、カヌー部全員がそんな風に楽しさを求めてがつがつ練習してくれたらいいなと思います。
「カヌーをするなら筑波大学へ!」そんな風に思ってもらえるクラブにするために、残り数ヶ月何か一つでも貢献していきたいと思います。

ではでは。



2013-12-03(Tue)
 

秋前半戦総集編

こんにちは。
渡です。
書こう書こうと思っているうちに11月になりました。
紅葉はまさに今からって感じですが、9月から今までの活動をまとめていきます。

まず8月終わりから9月頭までは4年生の四国ツアー。
四万十川、仁淀川、吉野川(小歩危)を下りました。

その次の週末は木曽長良ツアー。
増水気味の迫力満点ツアーになりました。
早稲田、明治、日慶からも参加してくれ多国籍な感じで楽しくツアーできました。

続く週末は山形合宿。

続く週末は4年生同期ツアーで長良川へ。
漕いで漕いで漕ぎまくるツアーでした。
カオスといくえもプレイボートでサーフィンに挑戦。
カヌーの新たな楽しさに開眼した模様です。
鶏ちゃんは賞味期限を守りましょう。

続く週末は個人的に北山でこばけんさんとの再会を果たし、また、北山川最後の放水を楽しんできました。
やっぱり遠いです。

続く週末は再び長良川へ行ってきました。
この頃の長良はめちゃくちゃ水が澄んでます。

続く週末は長瀞へ行ってきました。
渇水長瀞でサーフィン練習&ダウンリバー。
大ちゃんや雄大もサーフィンに挑戦です。

続く週末は増水長瀞&御岳。
増水すると一気にパワーが増します。
まだまだ、こんな川ではうまく漕ぎ抜けられずに苦戦。
しかし、この時期に水が出てくれて最高です。

続く週末はJAPAN CUP最終戦山口へ。
山口まで片道1,000km強。
遠いです。
しかし、世界の1、2が来ていて、異次元の漕ぎを見ることができました。
また、てるかちゃんはU-23日本代表に選出されました。
おめでとう!

続く週末は学祭の一方、KEEN CUPがありました。
JFKA最終戦ヴァーティカルクラスで優勝することができました。
エアリアルは惨敗だったので、これからも精進していきたいところです。
スラロームもなんとか全通できました。
井田の流れのパワーの中で、しっかり漕ぐことができず、自分の漕力の弱さ、ボートに乗れていない現状を確認することができました。

と、駆け足でここまで来ました。
遠征が多く、渡の車は今年の2月から4万km走っています。
買ってから1年9ヶ月で7万kmです。
走り過ぎですね。
だんだん寒くなってきましたが、紅葉シーズンに突入しました。
私が一番好きな季節です。美しい紅葉の中カヌーしましょう!

わたり塾なるものを始めてみました。
要は練習会です.
平日の朝に早起きしてカヌーの練習をします。
寒いけど気持ちいい!
来年に向け、今年やれることを精一杯やっていきましょう!
2013-11-05(Tue)
 

学祭


こんにちは、舜です。久しぶりのブログ更新です。

今週末は学祭が有りました。

今年販売したのは鹿児島名物の鶏飯。茹でて裂いた鶏肉をご飯にのせてだし汁をかけたもの。シンプルで美味しかったです。

当日は出店の準備に手間取ったりご飯の炊き足しのタイミングが分からなかったりと幾つかトラブルもありましたが、結果は無事完売。それも3日のはずが2日で売り切ってしまうという盛況ぶりでした。

キャノンを筆頭に一年生は企画から運営まで本当に良くやってくれたと思います。

皆さんお疲れ様でした。

PB020772.jpg
2013-11-05(Tue)
 

山形OB会ツアー

毎年恒例山形です。
今年は大学のシステムの変更などにより、時期を改めての開催となりました。
また、それに伴い合宿からツアーという形に変更しました。
名称は渡の独断ですが、こんな感じでいいのでは?

毎年お世話になっている光学坊もたたんでしまったとのことですが、宿の手配を荒木さんがしてくださり、西川町のとってもきれいな建物に宿泊させていただくことができました。
本当にありがとうございます。

今回は四度目の山形ということで、多少の変更にも挫けず、いくえ、カオスがあれこれ手配してくれました。
彼らにとって山形がどれほど思い入れのあるイベントかが窺い知れます。
しかし、後輩が2名しか参加できなかったことは残念でなりません。
山形は筑波大カヌーにとって第二の故郷と言っても過言ではありません。
後輩たちにも引き継いでいってもらいたいと思います。
かくいう渡も二度目の山形でしたが…。(個人的には部内断トツで通ってますけどね)

OBさん方も例年と異なる時期にも関わらず15名ほど参加してくださりました。
今後、この山形をOB会と位置づけて、現役とOBOGさんがたの交流を深めていけたらなと思っております。
宴会の準備等々、本当にお世話になりました。
ありがとうございます。

川の方は最上を2回下りました。
寒河江は水が少なく、小国も状況が読めない、且つ、台風接近に伴い断念しました。
またの機会にチャレンジしたいですね。
最上の方は一週間前の増水がなんとか水を残してくれ、かなり楽しい水量でダウンリバー&タンの瀬を堪能できました。
渡は初日8時間漕ぎ抜きました。筋トレです。
あまり練習の時間を確保できませんでしたが、新人もだいぶダウンリバーに慣れてきたようです。
その調子で伸びていってほしいですね。
最近気になるのは、新人が積極的に練習をしてくれないことでしょうか。
もう少し積極的に流れにぶつかっていってほしいところです。
上達スピード=挑戦と失敗の数、だと思うので、がんがん流れに挑戦してください。
来年は新人を引き連れて川を下らなければなりません。競技以外でも練習は欠かせないのです。

そんなこんなで山形OB会ツアーは台風の被害もなんとか免れ無事終了しました。
来年はもっとたくさんの現役&OBOGさんに参加していただきたいと思います。
また、現役はこの秋ぜひどんどん漕いで上達していってほしいと思います。紅葉の中カヌーを漕ぐのは最高に気持ちいいですよ!
5
4
3
2
1

2013-09-19(Thu)
 

学生大会(運営サイド)

8月ももうすぐ終わりですね。
舜は北海道を満喫しているでしょうか。


学生大会について、舜が記事をアップしてくれましたが、運営サイドからの視点で感じたことを書いてみたいと思います。
時間が経つのは早いもので、もう学生大会も終わり、引き継ぎ資料なんて作っちゃっています。
自分としては、この4年間で間違いなく一番情熱をかけて取り組んだイベントだっただけに、終わってしまって、いまだに寂しさが抜けません。

今回の学生大会、渡個人としては、大口叩いて「歴史に残る大会にします!」なんてことをちょこちょこ言ってきましたが、みなさんどうでしょう?歴史には残れそうでしょうか?
大会運営を実際にやってみて、今年度は熱意のあるメンバーに囲まれて、本当に熱を持ってチームで一つのことに打ち込んでいるという感じがして、最高に楽しい一年間だったなと思います。
北海道ツアーから始まった我らが同期の一員であることを誇りに思える、そんな同期に囲まれて自分は幸せだなぁと思います。後輩の皆にも、同期の仲間を大切にしてほしいです。嫌なこともあるし、いらいらすることもるんだけど、なんだかんだ同期に支えられてカヌーライフを送っているのです。
また、同期もさることながら、この4年間に築いてきたネットワークの大切さもひしひしと感じました。
今回の大会は本当に多くの方の協力があって成り立っています。こうした人との交流の輪を現役の子たちにはどんどん広げていってもらいたいです。スラローム競技をやっていなくても問題ないのです。御嶽で練習しているいろんな選手、ダウンリバーしている人たち、OBOGさんたち、協会などの団体の方々、多くの方と交流を持っていってほしいと思います。きっと視野が広がっていくことでしょう。
学生だけで内輪でやるカヌーなんてちっともおもしろくないですよ。いろんな人を巻き込んで活動していってほしいなと思います。

さて、大会から少し話が逸れてしまいました。
運営しながら筑波の現役の子たちを見ていて感じたことがあります。
まず、2年生たち。
2年生たちは今回とってもよく頑張っていたと思います。いきなり自分たちだけで多くの新人の面倒を見たり、自分の練習をしたり、正直いっぱいいっぱいだったんじゃないかな。
一つ考えてほしいことは、後輩を育てるにはどうしたらよいのかということです。2年生はちょっと自分たちだけで頑張り過ぎだったんじゃないかなと感じました。そんなに終始見ていたわけではないけれど、少し距離を持って見ていた感想です。後輩も含めて一つのチームであるから、みんなで負担を分散したりできるし、他の大学とももっともっと交流して、いろんな大学の雰囲気やルールややり方を見て、参考にしたり協力したりしてほしいなと思います。
次に新人たち。
初の学生大会はどうでしたか?いろんな大学の人がいて、なかなか全員と交流することはできなかったと思うけど、これから何年かかけて、できるだけ多くの人、できれば全員と交流を深めていってほしいなと思います。
カヌークラブの大きな強みの一つが、この外の人との交流の機会の多さ、広さです。筑波大の中だけではなく、広い視野を持ったり、刺激をもらったりできると思うので、いろんな人と交流してください。筑波大には、こんなに交流の機会のあるクラブはなかなかありませんよ。
そして、そろそろ上級生になんでもやってもらうのではなく、進んで仕事を奪い取り、部の活動に介入していってほしいなと思います。もう皆は新歓期のようなお客さん気分ではいけません。部の中で気になることがあればどんどん発言していいし、一緒にクラブをよりよいものにしていきましょう。フレッシュな意見は部にとってとても貴重なので、積極的に関わってほしいなと思います。

私が今回の学生大会で筑波の皆に伝えたかったメッセージ。ここで一言でまとめてしまうのはもったいないので、皆に考えてもらうとして、何か一つでもこの大会で感じるものがあったらいいなと思っています。
新人の皆には今までの大会がわからないから比較のしようがないけれど、今回は本当に多くのチャレンジをした大会でした。運営委員会の思いが何か一つでも届いて、皆のこれからにプラスの影響を与えられたらいいなと思います。
本当にお疲れさまでした。
IMG_1698.jpg



2013-08-29(Thu)
 
プロフィール

筑波大学カヌークラブ

Author:筑波大学カヌークラブ
カヌーとは、自然と触れ合うことができ、しかも体も鍛えることのできる究極のスポーツです。合宿やツアーも多いのでみんなすっごく仲良くなれます。興味のある人は気軽に連絡してください。

新歓アドレス tsukubacanoeclubアットマークgmail.com

※アットマーク→@に変えてね

FC2カウンター
ブログねこ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。