スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

朝練

おはようございます、舜です。

今朝は七味とリーンの練習をしてました。

P6040200.jpg


リーンとは船を傾ける技術の事で、川で漕ぐ時に重要なものです。
フェリー(流れを横切る事)やストリームイン&アウト(流れに入る、出ること)をする際に
流れに対して船の底を向けないと船がひっくり返ってしまいます。これを防ぐために川ではリーンをしながら漕ぐ事が必要になります。

船を右足側に傾ける事を右リーン、左足側に傾ける事を左リーンと言います。
また曲がる方向へ船を傾けた場合を内傾リーン、逆の方向へ傾けた場合を外傾リーンとも言います。

リーンをする時は体軸ごと傾けるのでは無く、体軸は水面に対して垂直なまま、船だけを傾けます。
傾ける側の脇腹の筋肉を使い、ヒップダンスするみたいに腰を傾けることがポイントです。
両膝で船をしっかりと押さえて船がフラつかないように気をつけて下さい。
普段使わない筋肉を使うので最初は疲れると思います。
目標としてリーンをかけた状態で一分位は余裕で居られるよう目指して下さい。


慣れたらこの姿勢のまま漕ぐ練習をしますが、最初はそこまで船を傾ける必要は無いです。
自分でしっかりと船を安定させられる範囲で漕いで下さい。

最初は内傾リーンで円を描いて漕いでみてください。
次に八の字、その次にまっすぐと段々ステップアップしていきます。

リーンをかけた状態だと船は自然と曲がるようになっています。
そのため最初から真っ直ぐと漕ぐのは大変だと思います。
手漕ぎにならないよう、船がフラつかないように進めるように頑張って下さい。
慣れたら徐々に傾きをキツくしていけば良いです。


先輩と練習するように

前回の記事に書いたように、最初のうちは漕ぎまくって感覚を掴むことも大事です。
ただある程度上手くなると、その先は1人で練習してもなかなか上達しません。
だから練習する時はメーリスを流したり、先輩に直接メールして捕まえるなりして練習を見てもらって下さい。

俺も行ける範囲で練習は見てあげるけど、なるべくならもっと上の先輩に教わった方が良いです。
俺自身もまだまだ教わりたい立場だし、渡さんとかナタルさんとか上手い人は来年はもう居ません。
今は分からないだろうけど、来年になってきっともっと色々教われば良かったって思うはず。
是非是非今の機会を大切にして下さい。

珍しく文章ばかりだね( ̄▽ ̄)
スポンサーサイト
2013-06-04(Tue)
 

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

筑波大学カヌークラブ

Author:筑波大学カヌークラブ
カヌーとは、自然と触れ合うことができ、しかも体も鍛えることのできる究極のスポーツです。合宿やツアーも多いのでみんなすっごく仲良くなれます。興味のある人は気軽に連絡してください。

新歓アドレス tkbcanoeアットマークgmail.com

※アットマーク→@に変えてね

FC2カウンター
ブログねこ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。